FIGHT CLUB

俺とオマエのFIGHT CLUB

オンナはなぜ男とのセックスを渋るのか。 〜すべての男たちにとって永遠にして最大の謎に迫る〜


「オンナはなぜ男とのセックスを渋るのか」

f:id:nonnojoshi:20171116170620j:image

きっと人間文明4000年の長きに渡って、すべての男にとって最大の疑問の1つだろう。

 

女は、なぜヤラセてくれないのか?

 

べつに失うものないじゃん?

 

その謎を解決するために今回我々はアマゾンの奥地よりも蔦が複雑に入り組み生い茂る、女のキモチのジャングルの深奥に向かうことにしよう・・

f:id:nonnojoshi:20171116171028g:image

 

男は、女とは違う。99%の男は毎晩女とのセックスを想像して狂ったようにシコっているし、口先のタテマエで彼がどう言うかは別として、実際にナオンにベッドに誘われたら、シてしまう男が大半だろう。 

f:id:nonnojoshi:20171116171533j:image

 

もちろん、よほど異性として魅力を感じない(≒勃起しない)相手、社内関係などバレた時のリピュテーションリスクが高い相手である場合や、付き合っている彼女に猛コミットしていて恋の病に疾患中、などなど断るパターン*も多くあろうが、

(*加筆 注 しかしその場合も断った理由としては「理性が働いたから」ではなく本能的なドライバーによる可能性は高い、一つ目は生殖メリットが低いから、二つ目は群れの他のオスやメスとのコンフリクトを避けたいから、三つ目は一人をしっかり捕まえて見張っておくことで托卵を回避したいから…とそれぞれ進化生物学的には説明がつく)

 

しかしそれでも、家に帰るとベッドの上に裸のナオンが腰掛けていた、向こうから誘ってくる、誰かにバレるリスクも無いし、なんらかのトラップでも無いという状況を想定すると、セックスを断る男はなかなか少ないだろう。

 

男はチョロいのだ。

 

どんなイケメンだろうと、女がちょっと勇気を出してそれなりの行動を起こせば、カンタンに陥落するし、セックスできる。非モテなら尚更だ。

(ゆえにヤリチンとヤリマンの価値には大きな差がある、なろうと思えば誰でもなれるのがイケメン食いのヤリマンで、なろうと思ってもなれないのが可愛い子を食いまくるヤリチンだ、と俺の知り合いの遊び人はアツく訴えている)

f:id:nonnojoshi:20180125214307j:image


では女は?
前述したのと同じ状況をセッティングしたとして、ヤるかヤらないかと問えば、Yesと答える女の数は、男とうってかわって極めて少ないだろう。

 

これはなんらかの合理的思考の結果というよりは、オンナの本能的/反射的な拒否だから、男がなんで?なんで?としつこく聞いても、女がたどたどしく上げる答えの中にその拒絶の理由の本質を突いたものはほぼ無いだろう。「生理的に無理」のわけを言述することは難しい。

 

すべては本能に帰結する。

 

恋愛とセックスにおいては特にだ。

脳をスキャンしてみると、人間が恋愛感情をもよおした時に反応する脳の部分は、言葉や思考を司るために独自に発達した知性的で文化的な「人間ならでは」の脳の部分ではなく、喉の渇きや空腹を司るようないわゆる爬虫類脳腹側被蓋野なのだ。

f:id:nonnojoshi:20171116173533j:image

f:id:nonnojoshi:20171116173536j:image

 

恋に落ちると、この爬虫類脳から快楽物質のドーパミンが分泌され、麻薬を接種した際と同じような反応をする。

 

つまり、ヒトがする恋愛という営みも、「生物学」の範疇におさまる、オスとメスのカップリング行動に過ぎない。人間の恋愛は本来、文学や社会学のカテゴリではなく、生物学の文脈で語られるべきものなのだ。

 

f:id:nonnojoshi:20171116174819j:image

f:id:nonnojoshi:20171116174842j:image

f:id:nonnojoshi:20171116174931j:image

f:id:nonnojoshi:20171116174935j:image

 f:id:nonnojoshi:20171116175045j:image

f:id:nonnojoshi:20171116175026j:image

f:id:nonnojoshi:20171116175114j:image

f:id:nonnojoshi:20171116180910j:image

f:id:nonnojoshi:20180125161605j:image

f:id:nonnojoshi:20171116181002j:image

人間の恋愛行動、それは「次世代にジブンのタネを残す」という、れっきとした遺伝子戦略に基づく、哺乳類の生理的繁殖行動。

*ここで思考停止して、「何言ってんだコイツ、人間は動物とは違うだろ笑」とツッこむのがパンピーの俗識なんだけど、はっきり言おう、それは違う、人間は動物だ。

 

たとえば、「類人猿/apes」と聞くと「人類の祖先」みたいに認識してる人が多いが、違う。ヒトも類人猿だ。動物。

f:id:nonnojoshi:20180125221829p:image

f:id:nonnojoshi:20180125221858g:image

f:id:nonnojoshi:20180125221912j:image

 

 

ではここで「ヒトの恋愛行動」を解き明かすカギになる、全ての大前提を踏まえておこう。 

 

「生物」の正体とは、

“A Vehicle For Genes

(遺伝子の乗り物)”である。

f:id:nonnojoshi:20180125214750j:image

 

「は?乗り物? 生物って、オレも?」

ーー その通り。

 

生物は「遺伝子(Genes)の乗りもの」、つまり我々の身体のハンドルを真に握っているのは我々ではない。

 

以前の定説では、生物は自分の個体情報を「遺伝子という記録媒体」に書き写して(つまりUSBのように)、親から子へと渡しているのだと考えられていた。

 

しかし実際は、遺伝子こそが「個体」として(正確には約2万2千個の集合体=ゲノムだが)完全に独立していて、寄生虫のように我々の身体を宿にして棲みついているということ。

f:id:nonnojoshi:20180125232005j:image

*イメージ、デメニギス

 

詳しくは、1976年に刊行され世界中の学者を震撼させた名著利己的な遺伝子/ The Selfish Gene』を読んでほしい。著者はオックスフォード大で教授を務めるリチャードドーキンス博士。生物学・遺伝子学界の揺るぎない権威だ。

f:id:nonnojoshi:20180125230221j:image

f:id:nonnojoshi:20180125230306j:image 

*ドーキンスによって、ダーウィンの「生物は種の保存のために動く」という考えは否定、もしくは大きく修正された。連綿と生き続けるのは遺伝子であり、種とか生物個体ではない。

*『利己的な遺伝子』は、東大・京大の教授陣が選ぶ “新入生が読むべき名著”のリストのなかに必ず入っているような本で、“ヒトの行動のすべてを生物学の範疇で捉える”という新たな思考次元を我々にもたらしてくれる。

 

この革命的な書籍が出版された当時、イギリスの「Nature」やアメリカの「Science」といった著名な科学雑誌は“利己的な遺伝子”の話題で持ちきりだった。

“われわれの身体は、われわれ以外の他の誰かのものだったのか? ”

全世界の学者が震え上がった。もしそうならば、すべての学問の前提が根本からひっくり返るかもしれない。
f:id:nonnojoshi:20180126071233j:image

(*刊行から30年かけてドーキンスの主張を世界はゆっくりと受け入れてきたが、あまりにショッキングなものなので、21世紀になっても多くの学問でこのことは咀嚼の最中にある。しかしいまだに、“生物はビークル(乗り物)である”というドーキンスの理論を否定する有効な反論は出てこない。これが事実だ。)

 

かつて人間は、自分の身体の所有権を完全に握っていると思っていた。

 

だが違った。

この身体は別のやつの持ち物だった。

 

生物とは、遺伝子が行動を起こすための媒体。コクピットに遺伝子という操縦士が乗り込んでいるアバター

f:id:nonnojoshi:20180125203037g:image

 

遺伝子の目標は、“じぶんが生きつづけること”。そのために遺伝子は生物のカラダに乗り込んで命令して、遺伝子生存戦略を遂行させようとする。

 

その最大にして最高の命令こそが、

異性獲得&生殖なのだ。

 

だから生物は、生殖行為によって、遺伝子サマを後世に残そうとする。

f:id:nonnojoshi:20180125203117j:image

 

生物個体は「(自分の体の中の)遺伝子が生存すること」を目的にして行動する、つまりおなじ生物同士で、遺伝子 vs 遺伝子の生存競争が行われている。

ヒトという種族が、全体として協力して、何か大きな目標(種の存続 etc )のために動いていくワケではない。そういう形になっているとしたら、それはあくまで結果であり、個として、種としてそれを目指してきたわけではない。

 

たとえば「子ども」とは、遺伝子にとっての“新しいビークル(乗り物)”である。生物が子供を作れば、その中に遺伝子は移動(移住)する。

f:id:nonnojoshi:20180126082059j:image

 

遺伝子にとって生物の繁殖とは、旧車から新車に乗り換えるみたいなものなのだ。だから、遺伝子的には子供の方が優先度が高い。そっちの方が新車だし、廃車になるまでまだまだ長く乗れるからだ。

 

親が子供を育てるために多大なコストを支払うのは、「俺たちの新しいクルマ、ずっと乗れるようにちゃんと整備しろよ」と、遺伝子が生物に命令を下すからなのだ。

 

そして、ドーキンスのいう通りに、生物がただの「遺伝子の容れ物になるロボット」だと解釈し、行動主体を遺伝子にして捉え直すなら、「親が子を守る」という行動は「遺伝子が自分を守る」ということであり、それは単なる自己保存(=保身)に過ぎない。*

f:id:nonnojoshi:20180125215238j:image

f:id:nonnojoshi:20180125215309j:image

*母親が子供に注ぐ愛情が利他的(for someone)なものではなく利己的(selfish)な根源に由来するとすれば、道徳的な議論を巻き起こすのは当然だ笑

ーー"「母の無償の愛」は「エゴ」だったのか?"

 

このように、すべての生物は遺伝子の意志のようなものに基づいて、遺伝子の生存のために動くようプログラムされている。“理性を持つ”と言われるヒトですら決してその例外では無い。

*そもそも理性こそが異性獲得本能を生存本能で抑制するプログラムである。簡単に言えば、好き勝手に女に手を出すと、より強いオスにブチ殺されるよ?という話だ。

f:id:nonnojoshi:20180125203142j:image

 

話を恋愛に戻そう。

 

遺伝子が生存と繁栄*のために生物に「こうしろ」と出す指令(遺伝子生存のための最適戦略)は、遺伝子が乗り込んだマシンがオスかメスかで大きく異なってくる。

(*繁栄することで遺伝子淘汰の可能性を大きく引き下げる=遺伝子生存につながる)

 

端的にいうと

オスの場合は「数」を求めるゲーム、メスの場合は「質」を求めるゲームとなる。

 

生存ゲームに敗れた遺伝子はこの地球上から消え去った。そして数を求めたオスと、質を求めたメスの子孫だけがここまで生き残ってきた。それがわれわれだ。

 


オスの戦略としては、だ。

f:id:nonnojoshi:20171215061504j:image

デキるだけたくさんのメスに“タネづけ”するとゲームを有利に進めることができる。たくさんのメスが自分の「遺伝子の容れ物」である子どもを孕めば孕むほど、自らの遺伝子の生存可能性・繁栄可能性は上がる。より生存競争に勝ち抜ける。

 

そうやって淘汰を経て生き残ってきた俺たちは、出会ったほとんどの若い女に対してあわよくば「ヤリたい。。」と好意を抱くような体質になっている。(注※ そう思わない男はオナ禁しろ!毎晩精子放出しすぎ、それは生物学上のバグだ)

 

口先でタテマエ的に何を言っていようが、若くて妊娠能力のある女の子*に対してはおおかた「そういう目」で見てしまうのが男の性なのだ。すべての男は隙あらばタネづけしようとする姑息さで、ここまで生存競争を勝ち抜いてきたのだ。

f:id:nonnojoshi:20180129102654j:image

*1 逆に言えば、完全に妊娠能力が無かったり👧👵、加齢によって妊娠能力が低かったり🙅‍♀️、または何らかのウイルスや菌に感染していると判断したり(肌質など)、「すでに妊娠している」と判断したり(太っている子)すると、オスが発情する率はかなり低くなる。(ポリコレを意識していない不躾な記述だが許してほしい)

 

*2 女の子のくびれに男が興奮するのは、それが他のオスのタネをまだ孕んでいない(=妊娠可能)ということ、ぷりぷりの尻に男が興奮するのは骨盤が広く出産能力が高いということ、ぷりぷりの胸<ヒトが二足歩行を始めてからの尻の代替でもあるが>に興奮するのは全般的に生殖・育児能力が高いということ、顔の美しさに興奮するのは菌やウイルスに耐性があり遺伝子生存力が高い(ルックスと免疫力は大方比例すると調査結果が出ている)ということの、それぞれ証左になるからだ。

f:id:nonnojoshi:20180129102708j:image

 


一方、メスの戦略は、「」に重心が置かれる。なぜなら男と違って妊娠リスクがあるからだ。

女がもし、男みたいに、あらゆる異性に興奮するという「拡散的性欲」を持っていたらどうだろう。選択/吟味をすることなく、自分に寄ってきたその辺の男とすぐセックスし、子どもを孕むことになる(遺伝子プログラムにコンドームの想定はない)。

 

男をフルイに掛けないワケだから、当然、無能遺伝子を孕む率が上がる。
オンナは貴重な生殖可能期間を約3〜4年も割いて、無能な遺伝子のために費やさないといけないことになる。
妊娠し子どもを産み育てる回数に限りがある中で、これはメチャクチャ痛い。

 

しかも、頑張って育てたソイツは無能遺伝子ゆえに、異性獲得能力の低い非モテ男に育つ確率がかなり高い。

f:id:nonnojoshi:20171215062441j:image

 

子供が非モテに育って一度も女とセックスできずに死ぬと、必死の思いで残そうとした自分の遺伝子もろとも、完全にこの世から消え去ってしまうことになる。生物が生きる意味/目的を繁殖と定義するなら、母親は自分の人生の意義から問われてしまうまでの事態に陥る。

 f:id:nonnojoshi:20171215062455j:image

 

だから女の子は、「彼女欲しいけどできない・・・(シコシコ)。。もうぼくはダメだ・・(シコシコ)、一生童貞なんだ・・(シコシコ)。。」みたいな無能非モテ男に対してはゴミを見るような目つき(表面上ニコニコしていても内実は雑魚扱い)で露骨に見下すし、

そんな男に万が一アプローチをかけられたものなら全力で回避しなければならないという使命感(その遺伝子を孕んでしまったら自分まで非モテの螺旋に巻き込まれてしまうのだから当然だ、)を抱えている。

 

不必要な場面でやたらと下ネタを言う男を女の子が嫌うのも根元は同じで、セックス不足の欲求不満の非モテ男=全力で回避!という方向に本能で舵をとるからだ。

f:id:nonnojoshi:20171215112329j:image

 

 

では逆に、ヤリチンモテ男の子供👶を孕むことに成功した場合どうなるだろう。

モテ遺伝子を持つ子供(ここではオスと仮定しよう、メスの場合も次世代に種を残すことは容易だろう、)はハツラツ・すくすくと成長し、あっという間に思春期を迎えて、女の子から言い寄られたり自ら狩りに出たりして、たくさんの女の子と関係を持つだろう。

f:id:nonnojoshi:20171215110918j:image

*『プレイボーイ』創刊者、ヒュー・ヘフナー

 

遺伝子プログラムにコンドームの想定はないので、そのそれぞれが子供を産むことになる。母親の遺伝子は父親のものと一緒になって拡散され、後世に広く遺る。

まさに遺伝子生存戦争の勝ち組だ。生物としてこれに優る喜びはない。

だから女の子はみんな、周りからキャーキャー騒がれている男が好きだし、セックスなんて屁でもないくらいにサクッと獲得できるポテンシャルを持つ男を本能的に求めている。

f:id:nonnojoshi:20171215111106j:image

*同上

 

 

 

また、「一緒に子供を育ててくれるかどうか」というのもメスが査定するオスの「質」におおいに含まれる要素だ。

二足歩行をはじめたことでヒトは脳を発達させ、メスの骨盤の作りに対して子供の頭のつくりが大きくなりすぎたため、母親の出産は難産化し、頭の小さい未熟な状態で子供が産まれてくるようになった。

 

オスの、母体と子供に対する庇護が無ければ、生存率は著しく低下する。

出産に立ち会い、子供の育児環境を守ってくれる父親の存在は、遺伝子を残す上で大きく有利に働く。

f:id:nonnojoshi:20171215062902j:image

 

このため、男との信頼関係が築けるまでオンナはセックスしようとしない。女の子が、「好きだ」「愛している」という言質をとらないかぎり発情しないような脳構造になっているのはこのため。 (というか、好きとか愛してるとか気になる男のそういうキモチの発露に触れた時にむちゃくちゃ興奮するようにできている、少女漫画は女にとってのAVなのだ)

f:id:nonnojoshi:20171215063051j:image

 

一度セックスした後もキミの面倒を見る、と言うメッセージが伝わっていないと、「これっきりじゃないかな」「また会えるのかな」と女の子は不安を抱く。

 

これ(ex.付き合わないとしない!、他にもいっぱい女の子いるんでしょ!)はヤリチン最大の難関で、けれどもここをどう乗り切るかに焦点を合わせて彼らの恋愛戦術は日々練られ試され磨かれているので、やはりやり手の男は飄々とかわしていく。

(ショボいパンピーは、ヤリたいがために「彼女になってほしい」「付き合いたい」と嘘を吐いたり、「好き」「愛してる」とを使ったりするが、ヤリチン界隈では指を刺され嘲笑される行為だ、)

 

そしてそうやって女を飄々とかわして簡単にいなす余裕のある振る舞いもまた、「モテる男感」(遺伝子戦略上、女の本能にとってはとてつもない魅力なのだ)がしてキューーンと子宮に突き刺さり、「モテる男が好き」と「一緒に子供を育ててくれる男が好き」の間で女の子は揺れに揺れに揺れ動き、大いにうーんと悩んだ結果、ヤリチンに口説き落とされ一晩をともに過ごしたりする。

 

ここで(いろんな意味での)挿入歌タイム。

 

たまんないね。

 

 

 

「セックスした男に情が湧く」というのも女の子の大きな特徴だ。カラダの奥を突かれた結果、彼氏ならもっともっと好きになるし、「ちょっといいかも」くらいの男だったとしても一気に愛情が溢れ出してくることがある。

 

これもセックスした後の男を繋ぎとめようとする女の本能で、子供を一緒に育ててね!という精神的だいしゅきホールド(蟹挟み)が脳みその仕組みとして無意識に発動する。各種ホルモンや脳内物質の大量放出が、女の子を"好き好きモード"に至らしめる。

f:id:nonnojoshi:20171215061638j:image

 

ヤリチンがメンヘラに遭遇しやすいように思われるのはこういった女の子の脳の仕組みを無意識にハックしてしまっているからだ。モテる優良遺伝子だから「絶対に手放したくない!」のに、セックスだけして好きにさせておいて、「私のことどう思ってるの?」と聞いても彼らはゴニョゴニョとはぐらかしてはフッ消えて、ちっとも安心させてはくれない。

いろんな女の元へ陰ながら渡り歩いていて、たまに自分のもとへ帰ってきては、また、好きにさせる。モテる男=遺伝子的に優良だから孕ませてほしいそして何とかして繋ぎ止めたい。そんなことを本能的に渇求した結果メンヘラってしまう。

 

いつもハグしていて欲しいのに、ずっと腕枕していて欲しいのに、いつまでも離れないでいて欲しいのに、朝になったら微かな温もりを残して消えている。。。

 

ここで再び一曲。

 

ジーとくるね。

 

 

 

長々と書いてきたが、以上の理由で、女は本能的にセックスを渋る。

「知り合ったばかりだから・・・」「なにか危ない気がするから」「彼氏としかそういうことはしない」「○○くんとはそういう関係になりたくない」

こういった言語表現はすべて「なんか嫌だ」というキモチを口でアウトプットする際に言語化されたものであり、「なんか嫌だ」という拒絶感情の元をたどれば、「本能」というところに帰着する。

f:id:nonnojoshi:20171215063940j:image

 

つまり、この「オンナの本能」というものに対してアプローチをかける、というのが最もエフェクティブな恋愛のやり方であり、あの子の落とし方となる。

 

本能を口説く。文字では口説く、と書いているが言葉を介して丸め込めといっているのではない。ひとつひとつ「付き合う」とか「セックス」が嫌な理由を潰していって、論破されて相手が口ごもったところを「俺の何がダメなんだよ??」みたいに言う男は何も分かってない。

 

恋愛は "本能" でやるものなのだから、"アタマ"に訴えかけても無駄だ。

 

人間は理性では人を好きにならない。条件検索のようなことをして、「○○さんはいい大学を出てるし、立派な企業に勤めてるし、優しいし、精悍な顔つきだし、人当たりもいいし、あなたに一途だし、とても良い人なのになぜダメなの?」とお見合いおばさんのようなことを言っても無駄だ。嫌なものは嫌だし、なんか違うと思ったらなんか違うのだ。

f:id:nonnojoshi:20171215073235j:image

 

「人間は動物とは違って理性があるのだから」と言って、ここまで俺が書いてきたような本能論のようなものを否定する人たちは、理性を働かして人を好きになるなんてことがあるのだろうか?

 

「人柄に惹かれました」「才能に惚れました」すべて、本能由来だ。理性の分野で思考して、脳内でデータ照合をするように人を好きになったわけではない。そのようにして恋愛感情は湧かない。人間として尊敬できたり、いい人だなぁ、親しくしたいなぁと思っても、「異性」として意識して、恋い焦がれるようになるためには理性の範疇にはないもうひとステップが必要だ。

 同様に、金持ちがモテる、というのもリソースを多く所有するために自身や子供👶を保護&扶養できる能力が高い = 好き!という本能的な部分に結びついており、理性に基づくデータ的な判断ではない。

(あるいは、金持ちになる人種自体が人間社会における“ボス”であり、遺伝子拡散能力の高さに惹かれている可能性もある。これも本能だ)

f:id:nonnojoshi:20171215074700j:image

 

 

長くなってきた。そろそろまとめよう。

 

 

■オンナはなぜ男とのセックスを渋るのか

非モテ遺伝子の拒絶

→本能的に、モテない男の子供は孕みたくない。遺伝子戦略上不利になるから

非モテ臭を出さない。ハアハアと欲求不満感を出すことは最悪。「セックスが満ち足りている」という余裕と落ち着きを持って女の子に相対する。定期的に会って抱ける子がいると一気に振る舞いに余裕=モテ感は出てくるだろう(既婚者がモテるのと同じ仕組み)

f:id:nonnojoshi:20171215114643p:image

*煙草を吸う男がモテるのは、そこに"余裕" を感じるからだ

 

 ・信頼関係の構築不足

→フィーリングが合って、心の深いところで繋がっていると思えないことには、本能的に体を許したくない。

⇒時間は問題ではない。ラポール (臨床心理学用語、心が通い合っている状態)を築けているかどうかが大切。口説き慣れている男はこれを短時間で築くのが上手い。時間をかけすぎると「友達フォルダ」に格納されるので注意。

f:id:nonnojoshi:20171215114202j:image

*アナ雪のハンス王子は、出会ったばかりのアナに共感を重ね、感情を共有し、瞬く間にラポールを築き上げた。

 

 

・「友達フォルダ」に入っている

→後日また書きます。

 

そもそもの妊娠リスク(±が激しいという、金融経済用語的な意味でのリスク、だ)ヘッジ

→コンドームを着けるから妊娠はしない、といくら口で説明しても、本来は子供を作る行為だ、女の子は大きな生殖リスク(±)を目の前にして本能的に躊躇いを覚えるそれを理解して女の子のキモチに寄り添い、不安を和らげるような態度を取ろう。

そのソリューションとしては真剣さだけでなく、ロマンチックなムードを作りあげる(手を繋ぐ、ハグするなどの身体接触が効果的だ、)ことだったり、あるいは茶化して楽しい気分にさせる*ことも効果的だ。女の子をリラックスさせてあげよう。 

 

*よく馬鹿にされるバカみたいなホテルへの誘い方(休むわけないのに「ちょっと休まない?)」「外じゃ寒いし、ゆっくりできるとこでアイス食べようよ」「俺○○ちゃんと枕投げしたいんだけど(笑)」といった謎フレーズ)は、笑わせたりツッコませたりして女の子の緊張を解くことが目的なのだ。f:id:nonnojoshi:20171215081224j:image

 

■オンナの本能のハックの仕方  

・女の子の「男フォルダ」に入る

 

・欲求不満の非モテではないことを示し、セックスの足りたモテる男であることを匂わせる振る舞いをする

 

・会話を交わす中で、話の掘り下げと共感でラポール(心が通い合っている状態)を形成し、仕上げていく

 

・コトバではなく身体接触を使いスイッチを入れる

f:id:nonnojoshi:20171215080316j:image

 

この辺はいつかまた、別のエントリーでじっくり語ろう。

 

 

長々と語ってきたが、結局これがすべてだ。日本で最も有名な青年失業家、田中泰延センセイのツイートより。(@hironobutnk)

 

なにかを簡潔にまとめた言葉は、つねに世界のどこかに転がっている。